プロフィール

 1987年東京都築地生まれ。桐朋学園女子高等学校ヴァイオリン科を経て、チェコ国立プラハ音楽院指揮科ヴァイオリン科及び作曲科を、さらにチェコ国立芸術アカデミー指揮科を卒業。ヴァイオリンを吉野薫、フランティシェク・ポスピーシル(元読売日本交響楽団コンサートマスター)、作曲をイルジー・ゲムロット、指揮をミリアム・ニェムツォヴァー、ミロスラフ・コシュラー、ヒネク・ファルカチュ、トマーシュ・コウトニーク、レオシュ・スヴァーロフスキー(セントラル愛知交響楽団音楽監督)の各氏に師事。

 プラハ音楽院在学中に学内アンサンブルと共演したC.オルフのカルミナ・ブラーナ(2012年)の指揮をきっかけに指揮者としての活動を開始。同年学内において学生オーケストラ「岩崎フィルハーモニー」を結成、現在に至るまで積極的に演奏活動を行っている。また2013年にはターリヒ管弦楽団を指揮しプロデヴュー(ドヴォルジャーク:交響曲8番他)。

 プラハ音楽院卒業後2014年より同校にてオーケストラ指導(現代音楽アンサンブル)に当たる。ボフスラフ・マルティヌー、ヴィクトル・カラビス、ヴァーツラフ・トロヤンなどチェコスロヴァキア近現代および新曲初演を中心としたレパートリーに取り組み、2016年には同アンサンブルを指揮しチェコ放送局主催のオーケストラコンクール「Concerto Bohemia」において総合優勝を果たす。

 また同年より新設の映画音楽オーケストラFILMharmonieの首席指揮者に就任、ルドルフィヌム・ドヴォルジャークホールなどで頻繁に演奏会を行う。2016年よりプラハ音楽院弦楽オーケストラの指揮者にも就任。2017年よりピルゼン歌劇場指揮者およびプラハ・カルリーン劇場指揮者にも就任。

 客演指揮者としてはプラハ放送交響楽団、プラハ室内管弦楽団、南チェコ管弦楽団、ズリーン・マルティヌー管弦楽団、ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・シティーフィル、パルドゥビッツェ室内管弦楽団等チェコ国内の主要なオーケストラと共演。2018年度「プラハの春」国際音楽祭にてデヴューを果たした。